お墓を建てる前に知っておきたい墓相と先祖供養の話

先祖の墓地に入れると

ペットの供養

先祖の墓地に入れると

いずれにせよ
動物やペットの遺骸を
ご先祖さまの墓地にいっしょに埋めた、などという
心あたりがある方はすぐに
その遺骸を先祖の墓や墓地から出して下さい。

ペットを可愛がることと、
ご先祖さまの供養とは全く違います。

決して先祖の墓地に
動物(ペット)を入れるようなことはしないでください。

          ・・・・・・・・・・・・・・・

これまでの経験から申し上げますと
家の先祖の墓や墓地に
動物やペットをいっしょに入れた場合
家族に神経系統の疾患症状が現われることが多いのです。

このような場合は
病院へ行っても一時的に症状を抑えるだけで
根本的な治療はできません。

根拠を問われても困るのですが
「これまでの経験から」としか申し上げようがありません。

          ・・・・・・・・・・・・・・・

以前、先祖のお墓の敷地
動物の遺骸を埋めていたという方から
お墓の建替えの相談を受けたことがあります。

そのときは
墓地の土を可能な限り掘りきって
そっくり土の入れ替えをして、お墓を新しく建て直しました。

これまで私どもが
石屋の仕事で経験してきた事例などをあげて
動物と人間をいっしょに埋葬することの怖さを説明させていただくと
この方は本当によく理解し納得してくださいました。

お墓に対する考え方というのは人それぞれなのですが
お墓の建替えを通して
先祖供養としてのお墓のあり方を
しっかり理解していただけたことを何より嬉しく思いました。

 合掌   <戻る>

◇◇◇ 愛媛県松山市の石材店 やまもと石材 ◇◇◇

powered by Quick Homepage Maker 4.76
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional