お墓を建てる前に知っておきたい墓相と先祖供養の話

声は聞こえる

霊の存在

声は聞こえる

ある病院で私の身内が亡くなる時に、
ベテランの看護婦さんから
こんなことを言われたことがあります。

「最期まで、耳は聞こえますから、声をかけてあげて下さい」

最期の最後まで
耳だけは聞こえているのですね。

          ・・・・・・・・・・・・・・・

僧侶の父はいつもこう言います。

病院で身内が亡くなった場合
亡くなった人を寝台車に乗せて家に帰るときは
葬儀屋さんだけにまかせておいてはいけない。

必ず、身内が
亡くなった人に「帰るよ」と声をかけて
いっしょに乗って帰るように、と。

お地蔵さん」の
身内の役目のところでもお話させていただきましたが
いっしょに連れて帰ることができるのは身内だけなのですね。

必ず、声に出して
「帰るよ」と声をかけてやってください。

          ・・・・・・・・・・・・・・・
多分
亡くなるその時までではなく
亡くなってからでも、
私たちの言うことが聞こえているのだと思います。

信じていただけなくても
是非、心の片隅にでも置いていただき
声に出して「帰るよ」と
声をかけることをしていただけたらと思います。

 合掌   <戻る>

◇◇◇ 愛媛県松山市の石材店 やまもと石材 ◇◇◇

powered by Quick Homepage Maker 4.76
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional