お墓を建てる前に知っておきたい墓相と先祖供養の話

奇跡体験

お墓を建てる

奇跡体験

昔、石屋の仕事で
こんなことを経験したことがありました。

退職金が出たので
お墓を建てたいという、建立の依頼がありました。

依頼主のその方は
やっと、亡くなられた奥さまの
お墓を建てることができると言っておられました。

亡くなった奥さまのお骨は
長い間、ご主人の
本家のお墓に入れてもらっていたのです。

その方は、年齢のせいでしょうか、
足が悪くなり、思うように歩けなくなっておりました。

          ・・・・・・・・・・・・・・・

新しいお墓が出来上がって
本家のお墓に奥さまのお骨を取りに行くことになりました。

本家のお墓へは、
長い階段を降りないと行くことができません。

私は先に行って、
本家のお墓のところで待っておりました。

          ・・・・・・・・・・・・・・・

するとどうでしょう・・・・・

あんなに足の悪かった依頼主の方が、
ひょいひょいと
軽快な足取りで降りてくるではありませんか。

「うちのが(亡妻が)、私を上まで向かえに来てくれたんです」
驚く私にこう告げると

「本当に長い間待たせてしまった・・・早く建てないといけなっかたのに」
そう言いながら、
奥さまを、実家のお墓から出してあげたのです。

          ・・・・・・・・・・・・・・・

本家のお墓で、
どんなにか奥さまは、
肩身の狭い思いをしておられたことでしょう。

亡くなられた奥さまは
懸命にご主人にそのことを
訴えておられたのではないかと思います。

奥さまの思いは檀那さまに十分に伝わり
依頼主であるご主人も
新しいお墓に手を合わせることができて安堵されたようでした。

また、この不思議な体験を通して
先祖の祀り方に対する認識を新たにされたようでした。

 合掌     <戻る>

◇◇◇ 愛媛県松山市の石材店 やまもと石材 ◇◇◇

powered by Quick Homepage Maker 4.76
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional