お墓を建てる前に知っておきたい墓相と先祖供養の話

宗旨替えがもたらすもの

宗旨・宗派

宗旨替えがもたらすもの

父はいろいろな方から
悩みの相談を受けておりますが
相談者の悩みの原因が
宗旨替えからくるものだと指摘する場合がよくあります。

宗旨替えをしたことで
災いに見舞われることがある、というものです。

その根拠を問われても
「経験から」としか申し上げようがないのですが
これは一般的に広く認識されていることでもあります。

          ・・・・・・・・・・・・・・・

上の先祖の代で宗旨を替えている場合は
その宗旨替えの事実を
本人が知らないでいることが多いようです。

宗旨替えの事実を知ったときは
宗旨替えをする以前の宗旨宗派をきちんと調べ
先祖代々続いてきた元の宗旨・宗派に戻す事をお勧めしています。

また、自分の家の宗旨・宗派
先祖代々続いてきたものかどうかを
自ら確認してみることも必要ではないかと思います。

          ・・・・・・・・・・・・・・・

檀家寺には、葬儀をした家の
ご先祖様の台帳が火災等で焼けない限りは残っております。

系図などを作る時に、
役所でわかるまでの代以前のものも、お寺でわかることがあるのです。

また、お寺では
自分の一族にまつわる話なども聞ける事があります。

自分のルーツからのお付き合いである
檀家寺との関係は、いつまでも大切にしたいものです。

 合掌   <戻る>

◇◇◇ 愛媛県松山市の石材店 やまもと石材 ◇◇◇

powered by Quick Homepage Maker 4.76
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional