お墓を建てる前に知っておきたい墓相と先祖供養の話

氏神さまについて

神棚と仏壇

氏神さまについて

最近では、
結婚したり家を新築したりしても
「神棚」をつくらない若い人たちが増えてきました。

我々はどこで暮らしていようと
そこの土地の神様に守ってもらっているのです。

実際、我が家の土地を守ってくださる
氏神様を知らないという方が多くおられるのが現実です。

          ・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、「そこの土地の神様」とは
氏神様のことで、その土地のお神輿がでる神社をいいます。

日本で一番位が高いとされているのが伊勢神宮であり、天照大神です。

氏神様は、伊勢神宮の出先ということになります。

          ・・・・・・・・・・・・・・・

どこの氏神様にも必ず
氏神様のお札と天照大神のお札が置いてあります。

神棚を祀るときには、この2枚をいっしょに買い求めます。

そして、真中に天照大神の神札を、
むかって右側にに氏神様の神札を置きます。

その他のお札は、
全て向かって左側に置く、というのが一般的です。

          ・・・・・・・・・・・・・・・

また、家を新築したり、引っ越しをしたりするときには
荷物を入れる前に、まず一番に
天照大神と氏神様の2枚のお札をご安置するようにと教えられました。

是非、参考にしてみてください。

 合掌   <戻る>

◇◇◇ 愛媛県松山市の石材店 やまもと石材 ◇◇◇

powered by Quick Homepage Maker 4.76
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional