お墓を建てる前に知っておきたい墓相と先祖供養の話

石のお性根抜き

お墓を直す

石のお性根抜き

古い拝石(文字を彫っている石)は
お寺の住職などに頼んで
まず「石のお性根抜き」をしてもらいます。

お性根抜きをしたら、
供養塔におさめて、必ず枯らさないといけません。

僧侶である私の父は、
「石のお性根は、なかなか抜けない」と申しております。

40年修行を重ねてきた父でさえ
そのように申しておりますから
「枯らす」ということはとても大変なことなのです。

しかし同時に、とても重要なことなのです。

          ・・・・・・・・・・・・・・・

墓地が広いところでは
隅のあたりに古い拝石を置いてあるのを見かけることがあります。

この古い拝石に
線香等をあげたりしていることもあるようですが
これはいかがなものかと思います。

このような古い拝石は拝む対象ではありません。

このような場合は
古い拝石は拝まないで、そのまま枯らしてください。

そして折を見て、
供養塔にあげるようにしていただきたいと思います。

 合掌   <戻る>

◇◇◇ 愛媛県松山市の石材店 やまもと石材 ◇◇◇

powered by Quick Homepage Maker 4.76
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional