お墓を建てる前に知っておきたい墓相と先祖供養の話

霊の姿を見る

霊の存在

霊が姿を現すのは、聞いてほしいことがあるから



私は手を合わすようになった頃、
霊という存在を、ただ、怖いという理由で否定していました。

私の場合、
何か聞こえる・・・何か感じる・・・。
霊の存在に関するこの二つの現象は、
自分の中で、気のせいである、と否定できるのですが、
姿が見えるということだけは、気のせいだと否定することができません。

          ・・・・・・・・・・・・・・・

先祖供養を依頼されて
僧侶の父のお供をして全国各地を回りましたが
そのとき経験したことで、いまだに忘れられないことがあります。

父がお経をあげていると、
何と、線香鉢がガタガタと動いているのです。

「霊の姿」を直接見たわけではありませんが
霊の存在」を、この目で確認した瞬間でした。

一週間寝込むくらいのカルチャーショックを受けました。

          ・・・・・・・・・・・・・・・

霊の姿をこの目で見るようなことがあれば、
父の手伝いをすることはもう、やめなければいけない・・・
ただただ、そう思っていました。

でも、今頃になって、
「霊が姿を現すのにはそれなりの理由がある」
ということがようやくわかってきました。

あんなに怖かったのに
近頃では、霊の姿を見てみたいとさえ思うようになりました。

          ・・・・・・・・・・・・・・・

今では、目をつぶると
おでこの内側に霊の姿が映って見えることがあります。

しかし私は
父のようにこの目ではっきりと見てみたいのです。

霊が姿をみせるのは、何か言いたいことがあるからで
そんな時は、何を言いたいのか聞いてあげることだそうです。

父は、心を落ち着けて聞いたらいいと言いますが
はっきり見てみたいと思いながらも、
いまだに恐怖心があるのも事実で、まだまだ修行が足りないと思う毎日です。

 合掌 

◇◇◇ 愛媛県松山市の石材店 やまもと石材 ◇◇◇

powered by Quick Homepage Maker 4.76
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional